File 2015-12-21 21 05 40

▼ 日本を変え、多くの人に影響を与えた偉人から学び、世界を変える一歩を踏み出す

日本を変え、多くの人に影響を与え、今なお語り継がれている偉人から

・ 人を巻き込む「リーダーシップ」を発揮する秘訣
・ リーダーとして広い視野・視界をもつ、思考の磨き方
・ 周囲の人に影響を与え、人を動かす伝え方
・ 周囲の力をうまく引き出しながら、組織力・チーム力を高める方法

・・・などを学びます。

◎鬼丸昌也がNPO活動を越えて、偉人から学ぶセミナーを開催している理由については、『なぜ、鬼丸昌也がリーダーシップを語るのか』をご参照ください。

 

▼ 第6回のテーマは「渋沢栄一」

Eiichi_Shibusawa
渋沢栄一(しぶさわえいいち)
江戸時代末期(幕末)から大正初期にかけての日本の武士(幕臣)、官僚、実業家。
第一国立銀行や東京証券取引所などといった多種多様な企業の設立・経営に関わり、
「日本資本主義の父」ともいわれる。

 
幕末から大正初期にかけての激動の時代を、
渋沢栄一氏がいかに乗り越えて来たのか・・・
自分に対するリーダーシップ、
周囲の人へのリーダーシップに焦点を当てます。

渋沢栄一さんが語られる場は、他にもたくさんありますが、
これまでにご参加いただいた方のご感想として、

「鬼丸さんの偉人セミナーは、
偉人と言われる人のターニングポイントに着目をしていて、
その心理描写がとても興味深い。

偉人たちも、必ず困難にあたった時に、
落ち込んだり、一瞬くじけたりしながら、
そこからいかに乗り越えるか、
を教えてくれるところが学びが深い」

とおっしゃっていただいております。

先が予測できない激動の時代において、
「日本資本主義の父」と言われた渋沢栄一氏が、
どのように困難を乗り越えてきたのか。

事実を通して、内面の変化などに着目しながら、
今の世に生きる私たちが、それをいかに実践できるか。

実践者である鬼丸昌也の視点で、お届けします。

▼ こんな思いをお持ちの方へ

これまでセミナーにご参加いただいた方は、当初、こんな思いをお持ちでした。

「リーダーを育てるヒントが欲しい」
「自発的に行動できる人材を育てるためにはどうしたらいいのか?」
「自分にはリーダーシップが発揮できていないのでは?」
「社員やメンバーが同じ方向を向くためにはどうしたらいいのか?」
「会社の方向性や目標など、どうすれば相手に響く伝え方をすることができるのか?」
「どうすれば”自立”して実践しながら生きていけるのか?」
「どうすれば、自分も含めて”囚われ”をなくすことができるか?」

▼ セミナーで得られること

そして、ご参加いただいた後、こんなご感想をいただいています。

【対談】「この原則に向き合っていけばいい」という確信を持てるセミナー
(株式会社モリヤコンサルティング・守屋様)

他にも

「何をしていくかを考え、みつめる機会になった」(30代・会社員)
人の心を動かす話、考え方がじっくり聞けた」(30代・経営者)
「人間としてどう生きるか、までを考える時間だった」(50代・役員)
「これからの時代に絶対必要な、生き方、働き方、経営を学べる機会!」(50代・自営業)
「”物語る場”として体感できたことが、自分で講座を開催する場合や伝える場で非常に参考になった」(30代・自営業)
「歴史も知れるけど、歴史上の人物を通して、未来を生きていくうえでの普遍的なこと、大切なことに気づける」(30代・会社員)
「”自分には何ができるか?”について考えが深まります。
今を信じて、現実と向き合って進んでいく勇気をもらえます。」(40代・経営者)
「何といっても、”鬼丸さんの世界観”です。同じ人や事を語っても、人それぞれ世界観が違うと思います。
また実践者で常に学ばれている鬼丸さんの世界観は素晴らしいと思っています」(40代・経営者)
企業経営者と違う角度から話が聞けるので非常に参考になる」(40代・経営者)

というお声をいただいています。

これまでにいただいた「お客様の声」はこちら
(↑クリックすると詳細ページに移動します)

 

【詳細】
●日時: 2016年 5月19日 (木) 19:00~21:00 (18:30受付開始)

●会場: 五反田から徒歩7分
(※お申し込みの方へお知らせします)

●お持物:筆記用具、

●参加費: 9800円 (税込)

●定員:10名

button2

 

▼今後開催のセミナー

6/16(木)『代表的日本人』5人の偉人から「自分を信じるチカラ」を学ぶ

▼関連記事

なぜ鬼丸昌也が「リーダーシップ」を語るのか?
お客様の声
【対談動画】(株)モリヤコンサルティング・守屋様
  「鬼丸昌也の魅力」「リーダーにとって大切なこと」