公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が、広範囲に小型爆弾をまき散らすクラスター爆弾をつくる米国企業の株式を約192万株も保有していたことが分かったそうです。(※参照1)

 

記事によると

・GPIFの投資先は、運用を一任した専門機関が判断して決めている
・クラスター弾を製造する企業の株式保有を禁止していない
・企業経営に影響を与えないようにするため、個別銘柄への投資をやめるよう指示もしない

とのことなのですが、個人的には、そんな会社に使われているなんて・・・と、ショックです。が、ショックを受けてばかりではいられません。

 

コレを見て、大切なのは、私たちが何を考え、どう感じ、何を学ぶか、ということだと思います。

以前、私たちが銀行に預けたお金がどう使われているか、考えてみること、調べてみることが大切ですよね、というお話をシェアしました。

 

 

ということで、できるだけ元情報を辿れるよう調べ、私も正直、初めてここまで学んだことをシェアします。

国連で提唱されている、「責任投資原則」というものがあります。

世界共通のガイドラインで、署名機関から構成される国際的ネットワークで6つの原則を実践することを目的としています。

端的に言うと、投資判断において、環境(E)、社会(S)、コーポレート・ガバナンス(G)を考慮しましょう。という約束です。

なぜなら、持続可能な世界の実現にあたって、投資家の役割として、企業が短期的な利益を追求するのではなく、環境および、社会全体にとって利益となる長期的な視点を持ち、企業活動を行うことが不可欠である。

投資家がその視点を持ち、重視することで企業もまた、取り組みを促進することになる。その結果、投資収益を増やすことができる。

まずは、機関投資家の活動を通じて、環境及び、社会全体に目に見える利益をもたらしていこうじゃないか。(※参照2)という主旨です。

そして、6つの原則には「投資先とともに、ESG問題に取り組みます」とか「投資先の企業に対して、ESG課題について適切な開示を求めます」などがあります。

信託銀行、保険会社や企業年金基金など、日本でも署名しているところは多いのですが、GPIFは平成27年9月28日の発表でこの「責任投資原則」の署名機関になったことを発表しています。(※参照3)

当時は、GPIFの署名によって、他の年金基金などにもよい影響が広がるのでは、という希望も持たれたようですが・・・

「スウェーデンなどでは、武器製造に関わるなど特定の企業の株式を公的年金の投資対象から外す措置を講じている。」(※参照1)ともあります。

この事実をどう受け止め、どう自分の行動に落とし込むのか。

今すぐ、これを変えることはもしかしたらできないかもしれませんし、なかなか、じゃあどうしたらいいの?と困るかもしれません。

直接的な行動を、今すぐ、私ができなくても、こういう事実を、ひとつひとつ知っていくことも、大切なことではないでしょうか。

 

 

※参照1:朝日新聞デジタル「GPIF、クラスター爆弾製造の米企業の株保有
※参照2:責任投資原則
※参照3:年金積立金管理運用独立行政法人 プレスリリース「国連責任投資原則への署名について

 

この記事の投稿者

森本 菜都美
森本 菜都美マインドフルネスNLP®コーチ/プロデューサー
自分の中にある精神性を高め、気づき、そして人生を創造するサポートをしています。平和な世界を創造するお手伝いをします。

米国NLP協会認定マスタープラクティショナー、チームフロー認定コーチ、CTI応用コース修了、クリーン・ランゲージ/クリーンシフトコース修了